Q.ワキの下の黒ずみが産後も消えない!対処法は?

ワキの下の黒ずみ

Q.
妊娠中から気になっていたワキの下の黒ずみがなかなか消えない。
原因は?なにか塗ってケアした方が良いの?

 

妊娠・出産に伴うトラブルの内、黒ずみに悩むママは少なくありません。

中でも特に薄着の季節になると目につくワキの下は気になりますよね。

主な原因は女性ホルモンの影響によるもので、通常は産後1年~2年で自然に解消されていくと言われています。

けれどカミソリによる脱毛を繰り返したワキの下は色素沈着しやすく、加齢に伴う肌のターンオーバーも加わってなかなか改善しない場合もあります。

→脇の下の黒ずみは脱毛が原因?解消法は?

妊娠~産後のワキの下の黒ずみの原因

妊娠すると胎盤や胎児の成長に必要となる、エストロゲン(黄体ホルモン)とプロゲステロン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが急増します。

そしてこの女性ホルモンが増える事でメラニン色素が増殖し、色素沈着が起こります。

特にワキの下や陰部、乳首は元々メラニン色素が多い部分なので黒ずみが起こりやすくなるのです。

産後のワキの下の黒ずみはいつまで?

産後の黒ずみの原因は女性ホルモンによるメラニン色素の増加によるもの。
産後暫くしてホルモンバランスが正常に戻るにつれて徐々に薄くなっていく場合が多いのが特徴です。

個人差がありますが、一般的に1年~2年かかると言われています。

産後のワキの下の黒ずみをケアする方法

ワキの下の黒ずみケアは、顔のシミ・くすみケアと基本的に考え方は同じです。
刺激や乾燥を避け、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促す事が大切です。

顔のシミ等の美白ケアと同じように保湿を重視したケアを行いましょう。

カミソリによる脱毛は皮膚を刺激して黒ずみの原因になります。
出来るだけ電気シェーバーなどで処理する方が安全です。

只でさえデリケートになっている産後の肌。
黒ずみが気になるからと言ってゴシゴシ強く擦ってしまうと却って悪化させてしまいます。
身体を洗うときは決して擦らず、優しく丁寧に洗う事を心掛けましょう。

入浴後は保湿クリームなどで乾燥を防ぎましょう。
ビタミンCなど美白効果成分が配合された保湿クリームを使うと効果的です。
産後ママの肌は敏感になているので、出来るだけ刺激の少ないものを選びましょう。

皮膚の新陳代謝を高めるビタミンたっぷりのバランスの取れた食事を心掛けましょう。
ビタミンEを継続的に摂取することもよいと言われています。
→出産後のシミは消える?肝斑・そばかすに効くサプリメントと食事

*ビタミンE
さんま・小松菜・ゴマ・オリーブオイル等

 

*ビタミンC
さやえんどう・ブロッコリー・みかん・苺等

 

*ビタミンA
ニンジン・カボチャ・トマト・パプリカ等

 

*ビタミンB群
豚肉・紫玉ねぎ・ベーコン・レバー・鰻・鮭等

 

産後の黒ずみにはストレスも大敵

ホルモンバランスを整え、新陳代謝を高めるにはストレスを溜め過ぎない事も大切です。

産後の抜け毛と同様、あまり深刻になり過ぎないでゆっくりとケアしていきましょう。

脇の下の黒ずみの原因と解消法については下記コラムにて詳しく紹介しています!
→脇の下の黒ずみは脱毛が原因?解消法は?

産後ケア&ビューティの疑問・質問募集中!

ママレッタでは産後のヘアケア・スキンケア・ダイエット等に関する疑問・質問を随時受け付けています。

「こんな事を調べて欲しい」「こんな特集を取り上げて欲しい」と言ったリクエストも募集中!

皆さんからのメール、お待ちしています♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

産後ママのケア&ビューティ情報をお届けします!

気に入ってくれたらシェアお願いします。

コメントする

*

今週の人気記事ランキング

最新情報をお届けします