【 ポーラ】モイスティシモトライアルセットの口コミを体験レビュー!

ポーラモイスティシモでやわうる肌へ

30・40代の乾燥肌にオススメ!モイスティシモ

「どんなに保湿しても追いつかない」
「すぐ乾燥して、潤いが持続しない」
「季節に関係無く、1年中乾燥が気になる」

etc

30・40代になると、秋冬だけでなく、1年中乾燥に悩まされるというママは少なくありません。

でも、その乾燥の原因が只の潤い不足では無く、肌細胞の機能低下によるものだとしたら?

そんな乾燥悩みを解決してくれるのが、今回ご紹介するポーラ「モイスティシモ」
大人の為の高保湿スキンケアとして、30・40代に口コミで人気のブランドです。

果たしてその口コミ評価は本当なのか?
ママレッタでは、この「モイスティシモトライアルセット」を体験レビュー!

モイスティシモの特徴や成分、使用感や効果等、肌チェッカーやマイクロスコープ画像を交えてお伝えします。

乾燥の原因は角層細胞にアリ!

ポーラは、1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究。
乾燥の原因が、角層(角質層)の乱れにあることに着目しました。

★肌の断面図
肌の断面図

私達の肌は、その一番外側にある、僅か0.02mm程の厚さしかない角層に守られています。

そして、角層の重要な役割は、肌の内部を紫外線や乾燥から守り、潤いを保つ事。

この角層が、バランスを崩して荒れたりすると、紫外線や埃、排気ガス等の外部刺激を受けやすくなります。

そうなると、どんなにスキンケアで保湿しようとしても、保湿保持力が無い為、潤いはどんどん逃げていくだけ。

このように、角層細胞のコンディションによって私達の肌の潤いは決まるのです。

【角層を150倍に拡大した写真】
潤っている角層
角層細胞のコンディションが整っているという事は、ターンオーバーのスピードが正常に行われているという事を意味します。

写真の通り、潤っている肌は五角形か六角形の均一な角層細胞が、隙間なく規則的に並んでいるのが分かります。
そして古くなった角質は薄紫色で、固まりなくはがれいます。

この様に、角層細胞の状態が良いと外部環境の刺激を受けにくい為、潤いを保てるというワケです。

【角層を150倍に拡大した写真】
乾燥している角層
角層細胞が荒れて、ターンオーバーが乱れている為、隣同士の細胞のスピードもバラバラ。

乾燥した肌は角層細胞の重なり部分が不規則で、隙間があるのが分かります。
更に、濃い紫色の部分(古い角質)が、多く固まってはがれています。

この様に、角層細胞の状態が乱れたままの状態では、肌を守るバリア機能が低下。
外部環境の影響を受けやすくなり、潤いを保てなくなるのです。

そうなると、ちょっとした刺激にも過敏に反応してしまう「乾燥敏感肌」へと肌状態は悪化。

結果、くすみ・たるみ毛穴・シミ・シワ・たるみと言った、エイジングを加速させてしまう事に!

乾燥は、見た目年齢をも左右するのです。

モイスティシモとは

MOISTISSIMO モイスティシモとは、カウンセリング化粧品・POLAポーラのうるおいに特化したブランド。

植物由来の保湿成分、「ソメイヨシノ葉エキス」や「オウレン根エキス」等をたっぷり配合。
乾燥の原因となる角層細胞を整える高保湿スキンケアシリーズです。

乾燥やエイジングが気になる30・40代を中心に、保湿重視の女性達から口コミでも高い評価を得ています。

モイスティシモの角層を整える保湿成分

ポーラが角層ケアとして着目した保湿成分は、「サクラエキス」と「オウレンエキス」。
モイスティシモには、全商品共通成分として、これらの保湿成分を贅沢に配合。

角層を潤いで満たしながら、肌のキメを整えてくれます。

モイスティシモの保湿成分

日本の国花でもある桜。
ソメイヨシノ葉エキスとは、名前の通りソメイヨシノという桜の葉から抽出した成分。

シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑える効果があると言われています。
保湿・抗炎症・肌荒れ防止などの効果がある成分なので、敏感乾燥肌に非常に適した美容成分だと言えます。

オウレン根エキスとは、キンポウゲ科・オウレンの茎や根から抽出される成分。

抗酸化作用を持ち、美白や肌老化に効果的。

更に、消炎・抗菌・皮脂抑制作用もある為、ゆらぎがちな肌を清潔に保ちます

モイスティシモトライアルセットを使ってみました!

ポーラモイスティシモトライアルセットが到着

今回、ママレッタがポーラの公式サイトから購入したのは『モイスティシモトライアルセット』

モイスティシモのクレンジング・洗顔料・化粧水・乳液・クリームのスキンケアシリーズ5点がセットになったお得なキットです。
約2週間分が試せて、お値段3,200円(税別)!

通常、スキンケアのトライアルセットって1週間から10日間分というのが一般的ですよね。

そんな中、ポーラのモイスティシモのトライアルセットは約2週間分!

自分の肌に合うかどうかを、じっくり試せるのは嬉しいですね。

もちろん送料無料♪

ポーラモイスティシモトライアルセット手に持つとこんな感じ
モイスティシモトライアルセットを手に持つとこんな感じ。

ビニールケースに入っているので、余ったらこのままお泊りや旅行などに使えるから便利です。

★モイスティシモトライアルセット
ポーラモイスティシモトライアルセット

販売価格:3,200円(税別)

[セット内容](約2週間分)
・モイスティシモクレンジングクリーム(メイク落とし)20g
・モイスティシモウォッシュ(洗顔料)20ml
・モイスティシモローション(保湿化粧水)20ml
・モイスティシモミルク(保湿乳液)8ml
・モイスティシモクリーム(保湿クリーム)4g
※お一人様1セット限り
※送料無料

 

モイスティシモトライアルセットのお手入れステップ

ポーラモイスティシモのお手入れ手順

①メイク落とし:モイスティシモクレンジングクリーム
※夜のみ

 

②洗顔料:モイスティシモウォッシュ

 

③保湿化粧水:モイスティシモローション

 

④保湿乳液:モイスティシモミルク

 

⑤保湿クリーム:モイスティシモクリーム
※夜のみ

 

モイスティシモトライアルセットに同封されている説明書には、基本のお手入れステップの内、①と⑤のクレンジングクリームと保湿クリームについては、「肌の悩み・状態に合わせてお使い下さい」と書かれています。

乾燥が気になるママレッタの場合、保湿クリームは朝晩使用しましたよ。

①モイスティシモクレンジングクリーム

★モイスティシモクレンジングクリーム
ポーラモイスティシモクレンジングの成分
「肌がすぐ乾燥する」「化粧水の浸透が悪い」「くすみがとれない」と言った、30・40代の肌悩みの多くはクレンジングに問題がある可能性大!
何故なら、これらの原因は乾燥や角質肥厚によるものだからです。

そんな30・40代のクレンジングに必要なのは、不要な汚れだけを取り除き、肌に必要な潤いはしっかり残すという「洗浄と保湿」のバランスが取れたクレンジング。

それがこの「モイスティシモクレンジングクリーム」。

滑らかなクリームが肌の上でオイルに変化して、メイク汚れをしっかりオフ!

肌の潤いはしっかりと保護しながら、しっとり&やわらかな肌に整えていきます。

ミネラルオイル、エチルヘキサン酸セチル、テトラオレイン酸ポリグリセリル-2、水、炭酸ジカプリリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、BG、ミツロウ、ステアリン酸PEG-25、ジメチコン、イソステアリン酸PEG-12、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、ベヘニルアルコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸ソルビタン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール、エタノール、カルボマー、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

 
クレンジングなので、当然ながら油分配合率は高め。

モイスティシモの全商品共通成分である「ソメイヨシノ葉エキス」「オウレン根エキス」の他にも、保湿・抗酸化作用のある成分が配合されています。

★紅藻エキス
紅藻エキスとは、オゴノリ、トサカノリ、テングサ、キリンサイなど紅色の海藻植物から抽出した成分。
優れた保湿力・抗酸化力を持ち、美肌・美髪へと導く成分として多くのコスメやヘアケアに配合されています。

 

★ソウハクエキス
クワの根の皮を乾燥させて抽出した成分。
抗菌作用を持つフラボノイドを多く含み、メラニンの生成を抑えます。
保湿・抗炎症・抗アレルギー作用もあるので、紫外線による肌ダメージをケアする効果があります。

 

この他、保湿・乳化剤として、皮膚コンディショニング効果のある「ミツロウ」や「加水分解ローヤルゼリータンパク」等の成分も配合されています。

★モイスティシモクレンジングクリームのテクスチャー
ポーラモイスティシモクレンジングのテクスチャー1

ポーラモイスティシモクレンジングのテクスチャー2
モイスティシモクレンジングクリームは、どちらかと言うと少し固めのクリーム。

モイスティシモの全アイテムに共通する、「ジェントルフローラル」の香りがふわっと漂います。

上品で甘めのフローラル系の香りは、好みが分かれるところですね。

口コミでも「香りに癒される」というプラスの口コミと、「香りが苦手」というマイナスの口コミがありましたよ。

★モイスティシモクレンジングクリームの落ちやすさ
モイスティシモクレンジング途中
そして、クレンジングで最も気になるのがメイクの落ちやすさ。

腕の内側にパウダリーファンデーションを塗り、その上に手前から口紅・ウォータープルーフタイプのマスカラ・アイライナーを塗っています。

モイスティシモクレンジング乳化
モイスティシモクレンジングクリームは、使い始めこそクリームですが、肌の温度でオイルに変化します。

肌にのせると、スルスルと気持ち良い位メイクと馴染んでいくので、摩擦感ゼロ。

ノンストレスのクレンジングです。

口コミでも、「乳化が早い」「滑りが良いのでメイクとすぐ馴染む」というコメントが目立ちましたよ。

モイスティシモクレンジング後
モイスティシモのクレンジングで最後まで落としきれなかったのが、ウォータープルーフのマスカラ。
写真の通り、少しだけ残ってます。

やはり、ウォータープループタイプのマスカラや口紅など、落ちにくいポイントメイクは専用のクレンジングを使った方が安全ですね。

モイスティシモクレンジングクリームの使い方と注意点

ポーラモイスティシモクレンジングクリームの使い方
モイスティシモの各アイテムの基本的な使い方は、トライアルセットに同封されている説明書の中面に記されています。

①アイメイク&リップメイクは先にふき取りを。
乾燥しがちな目元や口元のポイントメイクは、クレンジンクリーム少量をコットンにつけて先にふき取ります。
こうする事で、クレンジングの摩擦による肌負担を極力減らす事が出来ます。

 

②量はさくらんぼ1個分。
適量(さくらんぼ1粒程度)を手に取り、顔の5点(額・鼻・両頬・顎)に置きます。
その後、顔の中心部から外側に向かって、全体にのばします。

 

②メイクと良く馴染ませます。
指の腹で、クルクルと優しくらせんを描きながら、メイクと良く馴染ませます。

但し、顔が動かない位の優しい力加減で行って下さいね。

鼻や顎など、汚れが残りやすい部分は念入りに。

 

④馴染ませたら洗い流します。
メイクが浮き上がってきたら、人肌程度のぬるま湯(36~37度)で優しく洗い流します。

※肌の刺激になるのでシャワーを直接かけるのはNGです。

その後洗顔料で洗顔して下さい。

 

②モイスティシモウォッシュ(洗顔料)

ポーラモイスティシモ洗顔料の成分
キメ細かく弾力のある泡が、肌を優しく洗い上げるモイスティシモの洗顔料「モイスティシモウォッシュ」。

しっとり×もちっとした洗い上がりが特徴です。

水、グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、ラウリン酸、(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル、DPG、イソステアリン酸PE-20グリセリル、デシルグルコシド、リン酸2Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、(エチルヘキサン酸/ステアリン酸/アジピン酸)グリセリル、セタノール、(カプリル/カプラミド)プロピルベタイン、塩化Na、BG、エタノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、クエン酸Na、クエン酸、セルロースガム、ポリクオタニウム-39、ポリクオタニウム-7、香料

 
モイスティシモの洗顔料は、「ステアリン酸」「リスチン酸」「ラウリン酸」の3つの洗浄成分で構成されています。

★ステアリン酸
泡立ちと洗浄力が高めの成分。

 

★ミリスチン酸
この3つの洗浄成分の中で、最も中間に位置する成分がこの「ミリスチン酸」。
それだけ最も多くの洗顔料に使用されています。

 

★ラウリン酸
ココナッツオイルやヤシ油に含まれる成分で、低刺激で洗浄力は弱め。
クリーミィな泡立ちと洗顔後の肌にしっとり感をもたらします。

 
保湿成分としては、全商品共通の「ソメイヨシノ葉エキス」「オウレン根エキス」の他にも、クレンジングクリームと同じ、「紅藻エキス」「ソウハクエキス」の成分が配合されています。

★モイスティシモウォッシュのテクスチャー
ポーラモイスティシモ洗顔料のテクスチャー1
ポーラ・モイスティシモの洗顔料、「モイスティシモウォッシュ」のテクスチャーは、どちらかと言うとこってり系。
ポーラモイスティシモ洗顔料のテクスチャー2
手の甲に出しただけで、しっとりとした重さを感じます(笑)

モイスティシモ洗顔料泡立ちのコピー
「モイスティシモウォッシュ」の泡はとにかく濃密!
弾力があるので、本当に泡だけでしっかり洗う事ができます。

口コミでも「すぐに泡立つ」「泡がもっちりしている」と、クリーミィでリッチな泡立ちは高評価でしたよ。

乾燥でゴワつきがちな30・40代の肌を、しっとりモチモチのやわらかい肌へと整えてくれます!

★モイスティシモウォッシュで洗顔直後の肌チェック
ポーラモイスティシモ洗顔料を使った後の肌
スキンチェッカーで洗顔後の肌を5段階で測定。
測定できるのは、Moist(水分量)・Oil(油分量)・Rough・Soft(柔軟性)の3つ。
センターの0を中心に、右にいくに従って多い、逆に左が少ないという事になります。

ママレッタ管理人の入浴&洗顔後の肌は、油分量だけが+4、水分量・柔軟性共に+-0。
これは、前回体験レビューした「オルビスユー」の洗顔後の数値と全く同じでした。

→オルビスユーの口コミと成分は?使い方と効果を体験レビュー!

モイスティシモウォッシュの使い方と注意点

ポーラモイスティシモ洗顔料の使い方
モイスティシモウォッシュは、朝洗顔と夜洗顔でそれぞれ使用量を変えるのが、乾燥から肌を守るポイントです。

何故なら、朝の肌汚れは就眠中に出た皮脂汚れのみ。

夜洗顔と同じ量で洗顔すると、肌に必要な脂分や潤いまで洗い流してしまい、乾燥を招いてしまうのです。

★朝洗顔:約0.5cm程度
★夜洗顔:約1cm程度

特に熱めのお湯はNG!
お湯の温度は、36~37度のぬるめに設定しましょう。

①必ず予洗いを。
乾いているとそれだけ肌への刺激が強くなります。
必ず予洗いで顔を濡らすのを忘れずに。

 

①量はパール1粒~2粒分。
適量(パール1粒~2粒分程度)を手のひらに取り出します。
水かぬるま湯を加えながら、しっかり泡立てます。

泡の目安は、レモン1個分程度。
忙しいママには、泡立てネットは必須アイテムですね。

 

②Tゾーンから洗う。
たっぷりの泡を、いきなり乾燥しやすい頬や目元・口元に置いて洗うのはNG!
まずは脂っぽいTゾーンから先に洗うようにしましょう。

出来るだけ泡を潰さない様に、優しいタッチで行うのがポイントです。

汚れが溜まりやすい小鼻の周りは指先を使って丁寧に。

 

③しっかりすすぎます。
人肌程度のぬるま湯(36~37度)で優しく洗い流します。
目安は最低10回程度。
おでこの生え際やあご等のすすぎ残しは、ニキビや吹き出物の原因になるので注意しましょう。

※肌の刺激になるのでシャワーを直接かけるのはNGです。

 

③モイスティシモローション(化粧水)

ポーラモイスティシモローションの成分
ポーラ・モイスティシモの化粧水「モイスティシモローション」は、とろみのあるリッチな使用感が特徴の高保湿ローション。

ポーラならではの豊富な保湿成分が、角層のすみずみまでしっかり浸透。

乾燥による30・40代のしぼみ肌を、内側から潤しながら、手が吸い付くようなもっちり肌へと導きます。

水、グリセリン、BG、エタノール、PEG-32、PEG-6、ジグリセリン、ポリメタクリロイルリシン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリグルタミン酸Na、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、ゴボウエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、PEG-50水添ヒマシ油、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

 
全商品共通成分である「ソメイヨシノ葉エキス」「オウレン根エキス」に加え、クレンジング・洗顔料にも配合されている「ソウハクヒエエキス」や「ゴボウエキス」、更にポーラの独自成分「ポリメタクリロイルリシン」が配合されています。

★ゴボウエキス
ゴボウの根から抽出された成分。
保湿効果はじめ、
抗酸化作用や収れん作用、血行促進作用もある成分です。

 

★ポリメタクリロイルリシン
ポーラの独自開発成分で、人気のBAシリーズにも配合されています。

皮膚の角層にできたダメージ部分を見つけ、それを吸収して皮膚のバリア機能低下を防ぐ効果があります。
吸湿性と保湿性に優れ、肌の乾燥を防ぎます。

 

★モイスティシモローション化粧水のテクスチャー
ポーラモイスティシモローションのテクスチャー
ポーラ・モイスティシモの保湿化粧水「モイスティシモローション」は、ジェルに近い重めのテクスチャー。

美容液並のリッチな化粧水です。

とろみの強さで言うと、ママレッタが現時点で体験レビューした化粧水の中では一番強いかもしれません。

その分コットンには浸透しにくい為、手で付けた方が良いと思います。
使い方や口コミ通り、肌につける前に、手のひらで温めるとより浸透していきますよ。

その後、ハンドプレスすると馴染みが良くなり、もちっとした肌に。
目元・口元の乾燥危険ゾーンには、重ね付けがオススメです♪

只、夏場やとろみが苦手というママには不向きかもしれません。

★モイスティシモローション使用後の肌チェック
ポーラモイスティシモローションを使った後の肌
ポーラ モイスティシモの化粧水を使った後の肌はと言うと、油分量は+3、水分量&柔軟性は共に+5!

洗顔直後の肌と比べると、油分量が-1、水分量&柔軟性は共に+5アップしています。。
肌の油分を調整しながら、しっかり肌を潤してくれる化粧水ですね。

モイスティシモローションの使い方と注意点

ポーラモイスティシモローションの使い方

①量は、100円玉大。
適量(やや大きめの100円玉位)を手に取ります。

 

②手のひらでローションを温めてから、顔全体に馴染ませます。
化粧水はより浸透しやすくする為、手のひらで温めるのがポイントです。

左右の手のひらを優しくこすり合わせ、少し温めてから顔全体を包み込むようにして密着させましょう。

一度に出さずに、少量を数回に分けてじっくり馴染ませた方がよく浸透していきます。

 

③ハンドプレスでじっくり浸透させます。
※目元や口元など、乾燥やハリ不足が気になる部分には重ね付けして更にハンドプレスを。

 

モイスティシモローションに限らず、化粧水の馴染みや浸透力が弱いと感じたら、クレンジングに問題があるかもしれません。

①汚れはしっかり落とす
皮脂やファンデーションなどのメイク汚れが残ったままの肌では、化粧水が浸透しにくくなる場合があります。

 

②古い角質をケア
肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が残った肌も化粧水の浸透を妨げてしまいます。
そしてこの古い角質層が厚くなり、肌をくすませるのです。

 
ターンオーバー
モイスティシモのクレンジングクリームと洗顔料は、その点、肌本来の潤いを残したまま汚れだけをしっかりオフ。
古い角質をケアして、肌のターンオーバーを整えてくれます。

他にも周期的にピーリングを取り入れてみるのもオススメ。
もちろん、食事や睡眠などの生活習慣を見直す事も大切です。

→Q.ピーリングってした方が良いの?効果は?自宅でできるの?

④モイスティシモミルク(乳液)

ポーラモイスティシモミルクの成分
ポーラ・モイスティシモの「モイスティシモミルク」は、その名の通りミルクみたいにまろやかな保湿乳液。

肌の上にスルスル~ッと広がり、潤いを長時間キープ。

30・40代のこわばり肌を柔らく、潤った肌に整えてくれます。

但し、「モイスティシモミルク」には日焼け止め効果はありません。

1年中紫外線に晒される機会が多いママ達だけに、朝は肌に優しい日焼け止めクリーム等でしっかり紫外線対策を行いましょう。

肌負担の少ないノンケミカルの日焼け止めがオススメですよ。

→敏感肌におすすめの日焼け止め!人気のノンケミカル9選

水、グリセリン、ミネラルオイル、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、ペンチレングリコール、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ジグリセリン、ジメチコン、ポリメタクリロイルリシン、グリコシルトレハロース、テオブロマグランジフロルム種子脂、加水分解水添デンプン、加水分解ローヤルゼリータンパク、ソウハクヒエキス、ゴボウエキス、ポリグルタミン酸Na、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、紅藻エキス、ステアリン酸PEG-150、(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル、ステアリン酸ソルビタン、水添ナタネ種子油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、キサンタンガム、エタノール、水酸化K、トコフェロール、クエン酸Na、クエン酸、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

 

★モイスティシモミルクのテクスチャー
ポーラモイスティシモミルクのテクスチャー1
モイスティシモの保湿乳液「モイスティシモミルク」は、ゆるめのサラッと系のテクスチャー。

ポーラモイスティシモミルクのテクスチャー2
とろみ強めの保湿化粧水と比べて、軽くてサラッとしているので使いやすいですね。

滑らかに伸びていき、肌馴染みも良いので口コミでも「使いやすい」というコメント多数!

更に、「少量で伸びが良い為コスパも良い」と高コスパを絶賛する口コミも多かったですよ。

「ベタつかないのに、しっとり感のある使い心地と香りに癒される」という、30・40代の口コミが目立ちました。

乳液嫌いのママにも是非一度試して欲しいスキンケアです。

★モイスティシモミルク使用後の肌チェック
ポーラモイスティシモミルクを使った後の肌
ポーラのイスティシモミルクを使った後の肌は、油分量のみ+3、水分量・柔軟性共に+5という表示に。

化粧水を使った後の肌と比べると、油分量が-1で+2、水分量・柔軟性共に変わらず+5を維持!

「ベタつかないから、下地やファンデーションが塗りやすい」という口コミが多い筈ですね。

油分量をしっかりコントロールしてくれるので、混合肌のママにもおすすめのスキンケアだと言えます。

モイスティシモミルクの使い方と注意点

ポーラモイスティシモミルクの使い方

①量は1円玉程度。
適量(1円玉程度)を手に取ります。

 

②手のひらでミルクを温めてから、顔全体に馴染ませます。
化粧水と同じ様に、より浸透しやすくする為、手のひらで温めるのがポイントです。
左右の手のひらを優しくこすり合わせ、少し温めてから顔全体を包み込むようにして密着させましょう。

 

③ハンドプレスでじっくり浸透させます。
目元や口元など、乾燥やハリ不足が気になる部分には重ね付けして更にハンドプレスを。

 

⑤モイスティシモクリーム

ポーラモイスティシモクリームの成分
口コミでも、「もちもちの肌になれる」とそのハリツヤ効果に高評価が集まっているのが、「モイスティシモクリーム」。

肌にのせた瞬間から、ふわピタっと高密着。
弾力のあるハリ肌を実感できる、保湿クリームです。

シクロペンタシロキサン、グリセリン、水、BG、PEG-10ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、PEG-32、PEG-6、ジグリセリン、トリエチルヘキサノイン、グリチルリチン酸2K、ポリメタクリロイルリシン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリグルタミン酸Na、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、ゴボウエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ステアリン酸スクロース、PEG-150、パルミチン酸スクロース、エタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

 
共通配合成分の「オウレン根エキス」「ソメイヨシノ葉エキス」。
他アイテムにも配合されえている「紅藻エキス」「ソウハクヒエエキス」「ゴボウエキス」「加水分解ローヤルゼリータンパク」等の保湿・抗酸化成分が配合されています。

★モイスティシモクリームのテクスチャー
ポーラモイスティシモクリームのテクスチャー1
モイスティシモの保湿クリーム「モイスティシモクリーム」は、ご覧の通り半透明の乳白色。
クリームと言っても、重たいベタつきは一切ナシ。

どちらかと言うと柔らかめのジェルに近い感じです。

手に出すと、ふるん♪とした弾力に期待が膨らみます。

ポーラモイスティシモクリームのテクスチャー2
何コレっ、気持ちいい~♪
モイスティシモクリームの、ふわん♪と肌表面に心地良い膜が張ったような使用感にビックリ!

被膜感と言っても、よくあるアノ突っ張るような嫌な感覚じゃないですよ。
あくまで、するん♪と肌に広がって、化粧水や乳液を逃さないように守られている安心感があります。

口コミでもその「伸びの良さ」に高評価が集まっていましたよ。

就眠前のお手入れの最後にこの心地良さは、たまりませんね。
癒されます♡

なんだか朝が楽しみになる…、そんなスキンケアです。

★モイスティシモクリーム使用後の肌チェック
ポーラモイスティシモクリームを使った後の肌
ポーラのモイスティシモクリームを使った後の肌は、油分量のみ+2、水分量・柔軟性は共に+5の表示。

化粧水と乳液を塗った後と比べても、油分量・水分量・柔軟性全ての状態をキープしています。

モイスティシモクリームの使い方と注意点

ポーラモイスティシモクリームの使い方

①量はパール1粒程度。
適量(小さめパール1粒程度)を手に取ります。

 

②顔全体に馴染ませます。
顔全体に優しく馴染ませます。
左右の手のひらを優しくこすり合わせ、少し温めてから顔全体を包み込むようにして密着させましょう。

 

③ハンドプレスでじっくり浸透させます。
目元や口元など、乾燥やハリ不足が気になる部分には重ね付けして更にハンドプレスを。

 
※被膜感のあるジェル状クリームなので、マッサージには不向きです。

 

モイスティシモトライアルセットを使ってみた感想

★初日の就眠前の肌チェック
ポーラモイスティシモ就眠前の肌
モイスティシモトライアルセット使用1日目。
入浴後にスキンケアしてから約3時間後、就眠前の肌チェックをしてみました。

油分量は+4、水分量と柔軟性は共に+3。
3時間前と比べると、油分が2ポイント増え、水分・柔軟性は2ポイント減となっています。

肌そのものの感触は、柔らくなっていい感じに潤っている気はするんですけどね。

★翌朝の肌チェック
ポーラモイスティシモを使った翌朝の肌
では一晩あけてからの肌はどうなっているかというと――。

まさかのオール-2!
怖い!怖すぎます、真冬の乾燥!

やっぱり寝室の加湿器は自動にしておかねば!

モイスティシモトライアルセットの使用前と後を、マイクロスコープで撮影した毛穴の変化です。

★モイスティシモ使用前
ライスフォース使用前の毛穴
入浴&泡洗顔後の毛穴。

パッと見ただけで分かるエイジングサインと乾燥。
この乾いた肌に誰か潤いを(祈)!

★モイスティシモ使用後1日目
モイスティシモ1日目
モイスティシモトライアルセットのクレンジングから保湿クリームまでを使用した後の毛穴。
全体的に潤って、ふっくらしてきた感アリ。

★モイスティシモ使用後1週間後
モイスティシモ1週間後
モイスティシモ使用前はいかにも固そうだった皮膚が、柔らかくなって弾力が出てきているのが分かります。

モイスティシモトライアルセットを使ってみて

モイスティシモのトライアルセットを使い始めて今日で1週間。

ママレッタ的に、最も効果を感じたのは肌の弾力。

口コミでも多かった「肌がやわらかくなった」というコメント通り、乾燥からゴワゴワしていた肌が随分やわらかくなってきました!

初日のスキンケアの使用感と比べると、化粧水や乳液の浸透も良くなってきた気がします。

只、ママレッタではW洗顔不要のクレンジングを愛用&おすすめしているので、モイスティシモのクレンジングは残念ながらトライアルで終了しそうです。

モイスティシモの口コミ評価

乾燥肌
冬になるととにかく目元・口元が乾燥でカサカサ!
モイスティシモは初めて使いましたが、しっとり感のある使い心地とコスパがすごく良いと思います。
これで冬を乗り切れそうです!
上品な香りも好きです。
40代女性

混合肌
夏場はホワイティシモ、冬場はモイスティシモと使い分けてます。
特にモイスティシモクリームがお気に入りです。
ふわっとした感触が好きで、翌朝の肌もハリツヤを感じる気がします。
目元や口元のカサカサにもすぐに効果が出るのも嬉しいです。
30代女性

敏感肌
40代に入って乾燥敏感肌が顕著になり、口コミで評価が良かったモイスティシモを購入。
とろりとした感触の化粧水や密着度の高いクリームで、しぼんだ肌もしっとりモチモチになります。
春秋の花粉の季節など、肌がゆらいで敏感になる季節も手放せません。
40代女性

脂性肌
脂性肌ですが、冬になるとTゾーン以外の乾燥や毛穴が気になるように。
モイスティシモは、しっとりするのにベタつかないのが気に入ってます。
特にクレンジングと洗顔は、私の肌に合っているみたいで乾燥と脂性のバランス調整が上手くいってます。
化粧水・乳液・クリームは、Tゾーンなどテカリやすい場所は気持ち少なめに使ってます。
30代女性

モイスティシモのコスパ

ポーラが展開しているスキンケアシリーズの中でも、比較的リーズナブルなのが「モイスティシモ」。

口コミでもそのコスパの良さは高評価を得ています。

その証拠に、モイスティシモの現品価格は、5品全て揃えて税込24,640円。
フルラインで1日のランニングコストは約246円

エイジングケア用のスキンケアとしては、まずまずの価格設定だと思います。

【モイスティシモの現品価格】
*クレンジングクリーム120g:3,780円
*洗顔料120g:3,240円
*保湿化粧水125ml:4,660円
*保湿乳液95ml:5,400円
*保湿クリーム30g:7,560円
※全て税込

しかも、朝夜の1日2回の使用で約100日分あるから、量も十分!
※クレンジングと保湿クリームのみ夜使用で100日分です。

口コミでも「たっぷりの量でびっくり」「1回の使用量が少なくて済む」「値段が手頃」というコメントが目立ちましたよ。

モイスティシモのスキンケアが気になる、試してみたいと思ったら、お得なトライアルセットがオススメです。

クレンジング・洗顔・保湿化粧水・保湿乳液・保湿クリームの5品全てをじっくり試せる、2週間トライアルセットで是非その実力を実感して下さい。

★モイスティシモトライアルセット
ポーラモイスティシモ2週間トライアルセット

販売価格:3,200円(税別)

[セット内容](約2週間分)
・モイスティシモクレンジングクリーム(メイク落とし)20g
・モイスティシモウォッシュ(洗顔料)20ml
・モイスティシモローション(保湿化粧水)20ml
・モイスティシモミルク(保湿乳液)8ml
・モイスティシモクリーム(保湿クリーム)4g
※お一人様1セット限り
※送料無料

 

モイスティシモでふるふる肌に

ポーラモイスティシモを1週間使ってみた感想
乾燥で肌がゴワついたり、しぼんでいると、メンタル面もカチコチになって元気が無くなってしまいますよね。

特に、子育て・家事・仕事に追われる30・40代のママ達は、忙しさのあまり、肌も体もそして心もカチコチに強張ってしまいがち。

そんな頑張り過ぎるママ達の肌はもちろん、体も心もやんわりとほぐして潤いを与えてくれるのが、ポーラのモイスティシモ。

大人の為の高保湿スキンケア・ポーラのモイスティシモで、ふるふるの柔らかい笑顔を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

産後ママのケア&ビューティ情報をお届けします!

気に入ってくれたらシェアお願いします。

コメントする

*

今週の人気記事ランキング

最新情報をお届けします