Q.オーガニックコスメって安全ですか?本当に肌に優しいの?

オーガニックコスメ

【Q】
オーガニックコスメって安全ですか?本当に肌に優しいの?

 

【A】
オーガニックコスメは自然由来で肌に優しいイメージがありますが、その純度の高い効き目から場合によっては敏感肌の人には刺激が強すぎる場合も。
天然=安全なイメージのオーガニックコスメですが、実は意外と誤解が多いんです!
オーガニックコスメのメリット・デメリットをきちんとマスターして、正しいオーガニックコスメの選び方についてご紹介します!

 

オーガニックコスメとは?

オーガニック化粧品は自然由来の成分を中心に配合し、化学的な成分を全く使用せず、
またはごく少量のみ使用して作られ、「人間の肌が本来持つ自然治癒力を助長、回復させることに着目したスキンケア用品」と自主的にうたっている化粧品である。

出典:オーガニック化粧品/Wikipedia

オーガニック=全ての敏感肌に優しいワケでは無い

オーガニックとは直訳すると「有機」の事。
通常、化学肥料や農薬に頼らずに作物をつくる農法を指します。

オーガニックで作られた植物はその分活性が増す為、そこから抽出された成分はとてもパワフル。
自然由来で肌に優しいイメージがありますが、実際は効き目が良く、敏感肌の人が使うと刺激に負けてトラブルを起こすことがあります。

無添加・自然派・天然由来はオーガニックとは違う!?

「無添加、自然派、天然由来のオーガニックコスメ」など、全てを謳っているコスメがあって混同しがちですが、ひとつひとつの意味は全く異なります。

無添加とは、その名の通り防腐剤や合成剤系の界面活性剤、鉱物油、着色料、香料などの添加物が入っていない事を指す言葉。
防腐剤が入っていない為、開封後は早めに使いきる必要があります。

植物や動物、海泥といった自然界にある天然由来の原料を多く配合した化粧品に使用されています。
これらはナチュラルコスメとも呼ばれ、オーガニックコスメもこの中に含まれます。

認証制度について

またもうひとつ気を付けておきたいのが「エコサート」や「コスメビオ」といった認証制度について。
これらは肌への安全性を保証するものではなく、あくまでも植物の栽培方法に対するもの。
たとえ認証を受けたオーガニック原料でも、化学的な処理が施されている場合があります。

また成分にこだわるあまり、のびが悪かったりベタついて使い勝手の悪いものもあります。

よってコスメ全般にも言える事ではありますが、オーガニック=肌に優しいと言うよりも、「自分の肌に合うか」が最も重要なのです。

日本のオーガニック認定は曖昧

実は日本にはオーガニックコスメに対する認証機関が無い為、オーガニックコスメであるかどうか、それもアピールするかどうかは各メーカーやブランド次第というのが実情です。

オーガニックコスメのメリット

*天然ならではの安全性
*パワフルな効き目
*化学成分不使用
*ナチュラルな香り
*環境に優しい

オーガニックコスメのデメリット

*保存がきかない
*刺激が強い場合もある
*テクスチャーが使いにくい場合がある
*基準が曖昧で少量しか配合されていない場合もある

大切なのはイメージに惑わされない事

オーガニック、無添加、自然派といった言葉は確かにそれだけで肌に優しいイメージがありますが、全ての肌に優しいわけではありません。

心配な場合は成分表記を確認するなどして、信頼できるブランドかどうかを判断した上で選ぶ事が大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

産後ママのケア&ビューティ情報をお届けします!

気に入ってくれたらシェアお願いします。

今週の人気記事ランキング

最新情報をお届けします