Q.シミの種類と見分け方について教えて下さい。

シミの種類

【Q】
美白化粧品の効果が無いシミがあるって本当ですか?
自分のシミが肝斑なのか、そばかすなのか分かりません。
シミの種類と見分け方について教えて下さい。

 

【A】
美白化粧品の効果があまり望めないシミがあるのは確かです。
かと言って、美白化粧品で消えないシミは諦めるしか無いのかというとそうとは言いきれません。

シミには、原因やでき方によっていくつか種類があります。

まずはシミの種類とその見分け方を知って、自分のシミがどのシミなのか判別する事から始めましょう。

 

シミ1.「老人性色素斑」

シミ老人性染班
シミの中で最も多いのがこの「老人性色素斑」
別名「日光性黒子」とも呼ばれ、いわゆる日焼けの積み重ねによってできるシミです。

紫外線による肌ダメージが少しずつ肌の奥に蓄積し、30代後半から40代にかけて「シミが増えた」と感じるのはこのためです。

鎖骨の高い部分から出来始める事が多く、数ミリ~数センチの円形型の色素斑である事が多いようです。

出来始めは薄い茶色をしていますが、次第に濃くハッキリしてくるのが特徴です。

更に脂漏性角化症へ発展することもあります。

□普段からファンデーションはあまり塗らない
□20歳以降に日焼けをしていた
□1㎝前後の丸っこいシミが増えた
□指で触ると気持ち盛り上がったシミがある

老人性色素斑の予防は毎日の紫外線予防につきます。

レジャーなどで紫外線が強い場所へ行く際には、日焼け止め化粧品とパウダーファンデーションのダブル使いで、紫外線対策を徹底して下さいね。

ごく初期のうっすらとしたものには、美白化粧品が効果を発揮します。
但し、定着してしまったものは皮膚の構造自体に変化が及んでいるため、美白化粧品では消えません。

シミの輪郭がハッキリしてきたものにはレーサー治療を用います。

シミ2.肝班

シミ種類肝班
シミは紫外線で出来るというイメージがありますが、肝斑というシミは女性ホルモンの乱れが大きく影響しています。
出産後や、30~40代の女性に目立ちます。

頬骨を中心に左右対象にできる事が多く、薄い茶色もしくは灰色の絵具を太いハケでサッと塗ったような感じです。

点々もしくはポツポツと丸くできるシミは肝斑ではありません。

肝斑はまれに鼻の下にできることも。

ホルモンバランスの乱れが影響しているため、妊娠中や産後、ピルを服用中の人、また更年期の人にもよく見られます。

□30代後半~50歳前後になって突然増えた
□頬骨の高い所に左右対象にできている
□太いハケで塗ったようなシミ
□濃い茶色や灰色で夏に少し濃くなる
□妊娠中にできた
□産後に増えた
□ピルを服用中にできた
□更年期にできた
□普段ストレスを抱えている
□生理前に濃くなることがある

規則正しい睡眠やバランスの取れた食事を心がけ、女性ホルモンのバランスに気を配ることが大切です。

また肝斑は紫外線で悪化することがあります。
外出時には日焼け止めをしっかり塗り、帽子や日傘などで紫外線対策を行いましょう。

ストレスによってホルモンバランスが乱れ、肝斑が濃くなるとも言われています。
上手なストレス解消法を見つけて、溜めこまないように工夫する事が大切です。

肝斑のシミに美白化粧品でのケアは有効です。

ピーリングと合わせるとより効果が高まります。

美容皮膚科では次のような成分が良く使用されます。

アルブチン、コウジ酸、ハイドロキノン

 

肝斑には基本的にレーザー治療は不向き。

肝斑には内服薬が有効な事があります。

トラネキサム酸という内服薬を数ヶ月服用すると「薄くなる」ことが多いようです。
但し全ての肝斑に効くというものではありません。
2ヶ月程度内服して効果が見られない場合は、漠然と飲み続けるのは止めた方がベター。

またトラネキサム酸は止血剤なので、血栓が出来やすい人(動脈硬化がある人など)は、内服できない場合もあります。

不安な祭は美容皮膚科で相談する事をおすすめします

トラネキサム酸の他、「桂枝茯苓丸」という漢方が有効な場合もあります。

シミ3.炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とは、ニキビや虫刺されなどの跡がシミになったもの。
間違ったスキンケアから出来るシミの多くも、この炎症性色素沈着です。

シミ色素沈着
*ニキビ跡の日焼け
頬からあごに出来るニキビは特に炎症性色素沈着を起こしやすく、ニキビの上から日焼けするとニキビ跡が茶色くシミになってしまいます。

*メイクによる色素沈着
コットンを使ったクレンジングや、ゴシゴシ肌を擦っての洗顔、強いマッサージなど、肌を擦る習慣があるママは慢性的な炎症を起こしている可能性が。

それがメラニンの生成を増やし、全体的にくすんだり、地黒のように見えてしまったりすることも。

また、クレンジング不足によるアイラインやアイシャドーなどの色素沈着もくすみの原因に。

□ニキビや傷、虫刺されの後がなかなか消えない
□ニキビが出来やすいのノーメイクで過ごしていた
□コットンで拭き取る等、肌をこする習慣がある
□肌をこするような強いマッサージを行っている

炎症性色素沈着を防ぐには、炎症を起こすような
刺激を与えないことです。

*肌を擦るようなスキンケアは止める
*ニキビや傷には必ず紫外線対策を

炎症性色素沈着は、まず美白化粧品でのお手入れが有効です

炎症性色素沈着には、ピーリングが最も即効性があります。

ビタミンCイオン導入も効果的です。

炎症性色素沈着には、基本的にレーザー治療が効かない為、治療には最低でも数ヶ月はかかります。

シミ4.脂漏性角化症

シミ脂漏性角化症
シミから更にイボのように盛り上がってきたもの。
良く見るとイボの表面はポツポツになっています。

加齢や紫外線の影響でできたもので、表皮が厚くなるなど、皮膚の構造に変化が及んでいます。

色は褐色や黒色で、大きさは数ミリから数センチ。
手の甲にできるポツポツとしたシミも多くはこの脂漏性角化症と言われています。

□シミがイボのように盛り上がっている
□表面がポツポツしている
□色は茶色か黒色
□数㎜から2~3㎝程の大きさ
□出来始めにかゆみがあった

老人性色素斑と同じく、普段の紫外線対策を徹底する事が大切です。

皮膚の構造そのものが変化してしまっているので、美白化粧品の効果はあまり期待できません。

レーザー治療の他、液体窒素による凍結治療も有効。
凍結は保険がききますが、後で色素沈着を残すこともあり注意が必要です。

シミ5.そばかす・雀卵斑

そばかす
一般的には小さいシミの事を「そばかす」と読んでいますが、厳密には遺伝的なものだけを指します。

遺伝的なソバカスは10代の頃から出来始め、小さく茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴です。

シミのひとつひとつが円と言うよりは三角や四角をしています。

白人に多く見られますが。日本でも色白の女性に比較的多く見られるようです。

□10代の頃に出来始めた
□鼻を中心に小さなシミが散らばっている
□肌は色白な方だ

遺伝なので完全には予防出来ませんが、日にあたると更に濃くなるので紫外線対策は必要です。

雀卵斑には美白化粧品の効果がありますが、遺伝的要素が強い場合は、改善しない事も。

レーザー治療でキレイに消す事も出来ますが、再発する場合もあります。

シミ6.ADM

シミ種類ADM
ADMは「後天性真皮メラノサイトーシス」と呼ばれ、他のシミと比べメラニンの生成される層がより深い真皮層にあるため、なかなか排出されずに蓄積してしまいます。

遺伝的なADMは20~30代頃から出来始め、茶褐色から灰色、少し青っぽい数ミリのシミが左右対称にできます。

直径1~3ミリ程度のシミが左右対称に、いくつかまとまってできるのが特徴です。
他のシミが濃淡のある褐色なのに対し、ADMは灰色や青みがかった茶褐色です。

□20~30代の頃に出来始めた
□色が灰色や青みがかった茶褐色である
□額、頬、まぶたなどに左右対称に見られる
□鼻の穴の横(鼻翼部)にも同じ色素班が見られる

ADM遺伝的要因が強いため完全には予防出来ませんが、進行を遅らせる為にも紫外線対策は必要です。
日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘で紫外線を極力避けるようにしましょう。

ADMは遺伝的要素が原因で発症するケースが多い為、一般的な美白化粧品での改善は難しいとされています。

ADMの治療に有効なのはレーザー治療です。
ADMはメラニンが深部にあるため、2~3ヶ月おきに3~5回の治療が必要と言われています。

自分のシミを知って正しいエイジングケアを

いかがでしたか?
自分で判断できないシミは、美容皮膚科に相談してみると良いでしょう。

美白化粧品の効果が見込めないシミに、延々と高級な美白化粧品を塗り続ける事を避ける為にも、正しい原因と対策に基づいたエイジングケアを心掛けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

産後ママのケア&ビューティ情報をお届けします!

気に入ってくれたらシェアお願いします。

今週の人気記事ランキング

最新情報をお届けします